Skip to content
Skip to service links: contact, tools, help, the group
Skip to search
Skip to main navigation
Skip to sub navigation
Skip to Footer with links to masthead, print, email a friend and disclaimer
 

ロジスティクス2050―シナリオ研究

2050年の世界

私たちは持続的な繁栄を作り出すことができるのか、それとも気候破壊へ向かっているのか?世界は相互につながっているのか、それとも分裂しているのか?どのような新技術が私たちの日常生活を方向付けるのか?「明日を届ける:ロジスティクス2050」と題した新しい研究で、Deutsche Post DHL Groupは、広範囲の、時には極端な2050年の世界の5つのシナリオおよびそれらの世界がロジスティクス業界に及ぼす影響について説明しています。

本研究は、未来について「一つの」正確な予測は存在しないし存在し得ないと理解しながらも、答えを提供しています。「今日の複雑な経済・政治状況では、正確な予測を行うことは事実上不可能です。不安定なそしてつながった世界では、伝統的な直線的な分析は再三にわたり間違いであると実証されてきました。これらの分析だけでは、単に、私たちが変化を予測し備えるのを助けるのに十分ではありません」と、フランク アッペルCEOはは強調しています。

著名な専門家の協力を得て執筆されたシナリオは、ビジネス、消費パターンから技術的発展や気候変動まで、最も重要な影響を与える因子の観察をベースに、それらが私たちの行動や未来の環境へ与えるであろう影響も考慮に入れています。シナリオ研究は、未来に関する広範囲のテーマを取り上げた一連のエッセーにまとめられています。

「ロジスティクス2050」は、Deutsche Post DHL Groupが発行した「明日を届ける」シリーズの継続版です。このシリーズの一環として、2009年に私たちは、Delphi Study 「2020年の顧客ニーズ」を、2010年に「持続可能なロジスティクスを目指して」の研究を発表しました。これらの研究は、いずれも、重要なグローバルのトレンドおよび未来に関する題材を扱っています。

 

2050年の世界の5つのビジョン