Skip to content
Skip to service links: contact, tools, help, the group
Skip to search
Skip to main navigation
Skip to sub navigation
Skip to Footer with links to masthead, print, email a friend and disclaimer
 

ロジスティクスニュース

サービスに影響を及ぼす可能性のある世界各国の最新のイベントやキャンペーン、新プロダクト情報等をお知らせしています。
最新ニュースが表示されない場合は、キャッシュを消去/無効にするか、URLの最後に「?123」など?で始まる3桁の記号を追加して表示しなおしてください。
16日(木)、17日(金)にGothenburgで開催されるEUサミットのため、市内で一時閉鎖となる地区や通行止めがあり交通に多大な影響が及びます。警備上の理由から閉鎖となる時間、場所は公表されていません。空港と市内間の交通は16日12時から17日18時まで、Gothenburg中心部-Hisingen間は17日7時から18日18時まで影響が続き、Gothenburg港でもコンテナ輸送において遅延、輸送スケジュールの変更が起こる見込みです。
さらに見る
ブラジル税関による航空輸出入通関業務のスローダウンが行われており、現在、São Paulo-Guarulhos 国際空港(GRU) とTancredo Neves 国際空港(BHZ)に主な影響が出ています。弊社ブラジル支店では、大幅な遅れを避けるため状況をモニターし最善を尽くしています。
さらに見る
税関による24時間ストライキが9日(木)に行われます。このため同国すべての税関で輸出入通関に遅延が見込まれます。
さらに見る
大雨が続いたことにより市内で冠水が発生し、多くの場所で交通が混乱しています。また空港、港湾でもトラック輸送、通関、輸出入オペレーションが遅延し、今後4-5日はこの状況が続く見込みです。さらに輸出においては航空、海上ともに出発スケジュールに遅れが生じる可能性があります。
さらに見る
19日にお伝えしたDurban港における状況ですが、輸出において影響が残っており遅延が続いています。
さらに見る
現在取扱量増加などの関係で航空輸入において深刻な遅延が発生しています。さらに4日(土)、5日(日)に税関のシステムメンテナンスが行われる予定で、ドイツ内の空港において輸出入通関が一時停止となります。このため通関、配送については滞貨による遅延がしばらくの間続くと予想されています。
さらに見る
物流、輸送業の一部の組合により30日(月)、31日(火)にゼネラルストライキを行うことが呼びかけられました。なお11月1日(水)はイタリアでは祝日となります。またGenoa港(GOA)では11月2日(木)、3日(金)に行われるということです。このため貨物オペレーションが遅延する可能性がありますが、弊社イタリア支店では影響を最小限に抑えるために必要な予防策を講じています。
さらに見る
フランス税関当局の求めによりAIR FRANCE航空, EMIRATES航空,DHL AVIATIONのハンドリング業者の上屋が一時的に閉鎖されています。該当する空港は「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
26日に大統領選出の再選挙が行われますが暴動などが発生する可能性があり、その影響によりオペレーションに遅れが起こる可能性があります。弊社ケニア支店では影響を最小限に抑えるべく予防措置を取っております。
さらに見る
先日の暴風雨によりBremerhaven港で混雑が続くなど状況が深刻になっています。詳しくは「さらに見る」よりご確認ください。
さらに見る
台湾エアポートターミナルにより台湾発着の輸出入貨物保管料の値上げが発表され、直ちに適用となります。
さらに見る
12日にお伝えしましたDurban港一時閉鎖について、港周辺の施設やインフラは被害を受けていますが港は稼働を再開しました。一時閉鎖の影響でバースが混んでおり、7-10日の遅延が起こっています。またこれにより輸出貨物のオペレーションにも遅延が起こり、港の入口で平均10時間の待機時間が発生しています。
さらに見る
フィリピンの関税局(BOC)が先週より密輸対策として、フィリピン全港で海上FCL輸入貨物に100%のX線検査を導入しております。 ただし、フィリピン経済区庁(PEZA)輸出加工区向け、多国籍企業向け、輸出国・中国以外の生鮮品などは100%のX線検査対象外となっております。 X線検査導入後の混雑のため、現在マニラ港(南港&MITC)ではコンテナの引き取りに1-2日の遅れが発生している場合がございます。
さらに見る
香港空港(HKG)到着の温度管理の必要な貨物、動物について、キャセイパシフィック貨物ターミナル(CPCT)におけるフリータイムが11日(水)より到着後48時間から24時間に変更されました。
さらに見る
8月にお伝えしたハンドリングエージェントのSwissportによるストライキは暫定的合意に達しました。7月より続くストライキ解決のため、この合意について15日(日)に投票が行われる予定です。ここ数週間のサービスの遅延はわずかですが、最終的合意がなされれば通常のオペレーションに戻る見込みです。
さらに見る
タイ税関より貨物ケース/箱及び書類にはシッピングマークが必要となる旨の通知がなされ、11月13日(月)よりタイ発着の貨物について適用となります。シッピングマークは、House BL、コマーシャルインボイス、パッキングリスト、貨物自体に表示される必要があり、表示なしまたは“no mark”といった表示は通関時に受理されないことになります。
さらに見る
7月にお伝えしたAbu Dhabi空港(AUH)のペリシャブルセンター改修工事ですが、医薬品用の2℃から8℃の温度管理施設の改修が完了しました。
さらに見る
9月よりフランスの港湾でストライキが繰り返されており、13日(金)、16日(月)、19日(木)にも更なるストライキが予定されています。このためオペレーションに遅延が生じますが、弊社フランス支店では影響を最小限にするための対処をしております。
さらに見る
10日に発生した暴風雨によりDurbanでは電力などのインフラが被害を受け、Durban港は閉鎖されています。現時点ではいつ稼働が再開されるか不明となっています。
さらに見る
エジプト、バーレーン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦で製造された貨物はカタールへは輸入不可となりました。上記が原産国となる貨物は輸入拒否され再輸出となります。
さらに見る
Barcelona港、空港ターミナルは稼働を再開し、高速道路、一般道も通行が再開されました。
さらに見る
2018年1月からUAE連邦税務当局により消費税が導入されますが、これに先立ち2017年10月1日よりタバコとその派生物、エナジードリンク及びソフトドリンクに消費税が課されることが発表されました。消費税率、その他対象品目の詳細は「さらに見る」からご確認ください。尚、通関申告については消費税支払対象となります。
さらに見る
11月1日(水)より乳製品が指定検疫物として追加されることが税関より発表され、動物検疫の対象となります。主な対象品目、その他詳細は「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
現地時間3日現在、Barcelona港および空港ターミナルは稼働停止または通常より少ない従業員で稼働されています。 主要高速道路/一般道はブロックされており貨物輸送に遅延が見込まれます。 4日(水)には通常の状態に戻ると予想されますが、弊社スペイン支店では状況をモニターし、最新状況について引き続きご報告いたします。
さらに見る
Aucklandへの燃料供給パイプラインが修復され、航空会社のジェット燃料配分は通常の量の80%に引き上げられました。これにより大部分はスケジュールどおりに運航し、輸入の滞貨は今週中に緩和すると予想されています。
さらに見る
Novorossiyskで暴風雨が発生し警報が現在も発令中です。Novorossiysk港ではオペレーションが一時停止となっていましたが、空コンテナのオペレーションやトラックからの荷積み/荷下ろしは一部行われ、船舶の停泊は現地時間4日(水)から再開される可能性があります。しかしながらスケジュールが変更する場合もあるため、遅延が発生することが予想されます。
さらに見る
26日(火)からの大雨によりメキシコ北東部で河川の氾濫による洪水が発生しました。MonterreyからNuevo Laredoの高速道路は閉鎖され北側の国境への通行に深刻な影響を与えています。特にNuevo León州、Tamaulipas州に大きな影響が及んでいます。 同様にQueretaro州でも河川の氾濫で洪水が発生し、San Juan delRío、Tequisquiapan、Pedro Escobedo、El Marquesでは住民が避難しています。現在のところ損害についての詳細は発表されていませんが、集荷/配送に遅れが出ることが見込まれます。...
さらに見る
道路状況にもよりますが弊社メキシコ支店では集荷/配送が再開されました。ただし同国では停電が続いており、通信も不安定な状態となっています。
さらに見る
同国では十分な燃料が貯蔵されていますが、道路や通信の障害でガソリンスタンドへの燃料供給が滞っています。弊社施設はバックアップ発電機で保たれており、温度管理施設も稼働しています。また空港は部分的に操業を開始しましたが、ほとんどの便は引き続き人道援助のために米国政府によって管理されており、通常の商業飛行のためのキャパシティーがいつ開放されるかは未定となっています。港湾も部分的に稼働しており、既に救援物資と商業貨物を載せた船舶が入港しています。
さらに見る
税関による4時間の警告ストライキが27日(水)から30日(土)まで行われることが発表されました。期間中はEU国境を越える交通は制限され、越境手続きや通関は通常より時間がかかる見込みです。
さらに見る
税関は業務を再開しましたが、通信が安定していないため通関に遅れが生じています。航空会社の上屋も再開し、現在のところは生鮮食品を優先的に処理しています。また大部分の船社は部分的なオペレーションにとどまっています。
さらに見る
Mexico city空港は再開されましたが作業はスローペースで進んでおり、税関、上屋ともに閉鎖されているため、貨物オペレーションは停止されています。港湾は大きな損害はありませんが、通信システムの混乱などにより海上貨物にも影響が及んでいます。空港、港湾、トラック輸送ともに電力と通信が完全に復旧するまで影響が続く見込みです。またPuebla, Morelos, Mexico cityでは閉鎖されている道路があり、輸送に遅延が発生します。
さらに見る
14日(木)にAuckland空港のジェット燃料を供給するパイプラインが破裂し、一時的に閉鎖されました。同空港発着のすべての航空会社へのジェット燃料の供給が制限されており、通常の供給量に回復するのに10日から14日かかると予想されています。燃料補給のため一部フライトをオーストラリアや太平洋諸島空港に送る、フライトをキャンセルするなどの措置が取られていますが、現在のところ航空会社10社が輸送一時停止や同空港向けのフライトを減らすなどしています。このため遅延やオペレーションに制限が起こることが見込まれます。
さらに見る
現地時間19日(火)にマグニチュード7.1の地震が発生し、Mexico city市内が被害を受けています。公共交通機関にも影響が出ており、Mexico city空港(MEX)は閉鎖されています。Guadalajara空港(GDL)、Monterrey空港(MTY)、Altamila港(ATM)、Veracruz港(VER)は稼働しており、Mexico city空港発着の貨物は緊急の代替としてGuadalajara空港からの取扱いとなります。
さらに見る
最大級のカテゴリー5となったハリケーンMariaがプエルトリコ、バージン諸島に接近し20日に上陸する見込みです。19日(火)に警報が発令され、大部分の航空会社はすでに稼働を停止しています。
さらに見る
増税などの不満に対する抗議団体が、9月18日(月)より3日間のストライキを行うと発表しました。Port-au-Prince市のサービス全般に影響が出ると予想されます。
さらに見る
Miami空港(MIA)、 Miami港、 Everglades港、鉄道も再開し、現地時間15日(金)には通常の取扱い量に戻る見込みです。
さらに見る
通関システムメンテナンスのため現地時間15日(金)16時から輸入通関、16日(土)7時半からは輸出通関が一時停止となり17日(日)まで続きます。このため輸出通関や今週末から来週初めに到着する貨物の輸入通関、配送に遅延が発生する見込みです。弊社ドイツ支店では影響が最小限になるよう対応いたします。
さらに見る
現地時間12日現在の状況をご案内いたします。各空港、港、鉄道、道路などの状況に関しましては「さらに見る」よりご確認ください。
さらに見る
Veracruz港とTampico港は稼働を再開しました。
さらに見る
Luis Munoz空港は現地時間8日(金)より稼働を再開しています。
さらに見る
通関システムの故障、モンスーンによる混乱、祝日が重なった関係で、通関、貨物オペレーション全般において滞貨が発生しています。貨物分離作業は3、4日の遅れが出ており、輸出では航空会社にもよりますが100トン以上が滞貨となっています。空港当局はこの状態が解消するのに7日から10日ほどかかるとしています。
さらに見る
台風18号が13日から14日に台湾に最接近する予報が中央気象局より出されています。このため台北空港(TPE)、高雄空港(KHH)へ航空輸出される荷主様におかれましては、ウェットダメージ回避のためビニールや防水素材を使用して貨物を梱包するなど、十分にご留意頂きますようお願いいたします。
さらに見る
カテゴリー2となったハリケーンがVeracruz州に上陸し、同国の中部Puebla, Hidalgo, Mexico Cityで豪雨となっており、いくつかの地域では浸水のため激しい交通渋滞が起こっています。Veracruz港では警報が発令されています。またメキシコ南岸沖で現地時間7日に発生したマグニチュード8.2の地震によりChiapas, Oaxaca,Tabascoが特に被害を受けています。現在のところ港湾に影響は出ていないということです。
さらに見る
日本時間7日午後遅くに入った情報によると、Miamiではラテンアメリカへ就航している航空会社は8日(金)は稼働を停止し、船社/NVOCCも輸出貨物の受託を停止しています。ドミニカ共和国では全土で深刻な洪水が発生する可能性があり、フライトの遅延、キャンセルが見込まれます。
さらに見る
カテゴリー5(最大級)となったハリケーンIrmaがプエルトリコ、マイアミに接近しており、緊急事態宣言が出されました。プエルトリコでは航空会社は貨物受託やブッキング受付を停止し、港湾も閉鎖となりました。Maiamiでも同様の影響が及ぶ見込みです。
さらに見る
8月30日にお伝えした豪雨による遅延ですが、天候は回復し空港、港湾ともに通常の作業が再開されています。
さらに見る
8月30日にお伝えした税関システム障害は復旧し、遅延も解消しています。
さらに見る
弊社Houston支店では集荷を再開しましたが、港湾、空港を含むHouston地域ではいまだ多大な影響が残っており、遅延や状況が変わる可能性がございます。
さらに見る
ローマ法王が同国を訪問するにあたり、6日(水)、7日(木)にEl Dorado空港と同空港への道路が数時間の間閉鎖されると当局より発表がありました。このため通関、トラック輸送、航空貨物オペレーションに影響がおよび遅延が予想されます。 航空輸出については航空会社へ確実に搬入を行うため、6日(水)の貨物受託は9時までとなり、航空輸入はドキュメントリリースは8時から11時の間に行われます。
さらに見る
HoustonにおけるハリケーンHARVEYの影響のアップデートについてご案内いたします。詳しくは「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
9月3日(日)から開催されるBRICSサミットの影響について、追加情報をご案内いたします。詳しくは「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
ハリケーンにより現在港、空港、及び鉄道に影響が出ています。詳しくは「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
28日(月)より税関システムに障害が起きており通関が困難となっています。ペリシャブル貨物についてはマニュアルで通関されていますが、通常よりも時間がかかっています。いつ復旧されるかは現在のところ不明となり、トランジットタイムや配送などにも遅れがでる見込みです。
さらに見る
Munbai市の大部分で豪雨と浸水が発生しMunbai空港、Nhava Sheva港のすべての輸出入の出荷に遅れがでています。豪雨がさらに続くと予報が出されており、弊社インド支店では状況をモニターしアップデートについて引き続きご報告いたします。
さらに見る
25日にお伝えしたストライキは終了し通常のオペレーションが再開されました。
さらに見る
24日(木)に農業牧畜庁による24時間ストライキが行われているため、通関、貨物オペレーションに遅れが生じる可能性があります。
さらに見る
香港天文台より台風13号が23日(水)に最接近し暴風雨となる予報が出されており、フライトスケジュール変更、遅延が起こる可能性があります。また8月下旬までは不安定な天候が続くことが予想されるため、香港地域へ輸出される荷主様におかれましては、ウェットダメージ回避のためビニールや防水素材を使用して貨物を梱包するなど、十分にご留意頂きますようお願いいたします。
さらに見る
台風13号が台湾を通過する予報がでており、中央気象局により屏東県と台東県に台風警報が発令されています。このため台北空港(TPE)、高雄空港(KHH)へ航空輸出される荷主様におかれましては、ウェットダメージ回避のためビニールや防水素材を使用して貨物を梱包するなど、十分にご留意頂きますようお願いいたします。
さらに見る
トラック輸送と海上貨物について追加でお知らせいたします。詳しくは「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
2日(水)にお伝えしたストライキは終了しました。滞貨は徐々に解消しており、オペレーションも通常に戻っています。
さらに見る
昨日お伝えしたストライキですが一旦延期となりました。来週交渉が行われるということですが、再度ストライキの通知があるまでは港湾での作業は通常通りとなります。
さらに見る
18日(金)よりJNPT(Nhava Sheva), Vizag, Kolkata, Tuticorin, Cochin, Chennai各港においてストライキが行われる予定です。オペレーションが停止となりますが代替として民間ターミナルで作業が行われます。民間ターミナルの詳細は「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
7月31日にお伝えしたお知らせに変更、追加情報がありますのでご案内いたします。詳しくは「さらに見る」よりご確認ください。
さらに見る
Toronto空港のエアカナダで装置に不具合が発生したため、スクリーニング作業が遅延しています。緊急措置が取られていますが、装置が復旧するまでは深刻な滞貨や遅延が発生するとされています。
さらに見る
8日(火)にケニアで総選挙が行われますが、期間中は暴動、ストライキが発生する可能性があり、その影響によりオペレーションに遅れが起こる場合があります。弊社ケニア支店では影響を最小限に抑えるべく対処してまいります。
さらに見る
7月1日(土)より道路の安全確保のため、ハンガリー道路管理局によりトラック総重量のコントロールが強化されているということです。以前より規定されているとおりコンテナの最大許容総重量は24トンになりますが、これを超えた場合は追加ハンドリング、追加料金、遅延などが発生する可能性があります。
さらに見る
JICT労働組合により3日(木)から10日(木)までストライキが行われる予定です。予測される影響に関しましては「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
Toronto空港のハンドリングエージェントであるSwissport Cargoが27日(木)よりストライキを行っています。臨時作業員によりハンドリングは行われていますが輸出入ともに遅れが生じています。
さらに見る
7月26日にお伝えしました豪雨による影響ですが、Mundra港でのオペレーションは通常に戻っており、同港への鉄道輸送も再開されました。
さらに見る
廈門市で9月3日(日)から5日(火)までBRICSサミットが開催されるため下記のような影響があり、遅延や普段よりもハンドリングに時間がかかる可能性があります。航空貨物、海上貨物、トラック輸送のそれぞれの詳細は「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
Gujarat州北部、中部では豪雨のため鉄道、陸路輸送や港湾で影響が出ています。Mundra港へ通じる道路は洪水のため通行止めとなっており、同港での輸出入貨物に遅延が生じる見込みです。また今後48時間は豪雨になるとの予報がされています。
さらに見る
システムが復旧しオペレーションの混乱状況は収拾しています。
さらに見る
現地時間26日(水)、27日(木)に全国でストライキが予定されています。主要道路や高速道路封鎖の可能性があるため輸送状況については不透明となり遅延が起こる可能性があります。
さらに見る
オーストラリア農業水資源局により輸入通関の際の必要書類について調査がされ、無効の書式が使用されていることが指摘されました。Packing Declarationは同国到着のすべての貨物に必須であり、荷送人(LCL)またはコンテナへ貨物の積載を行った企業(FCL)が最新版の書式で用意する必要があります。最新版の書式は「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
2011年より特定の製品をロシアに輸入の際には製品のパッケージなどにEACマークを表示することが必要となっていますが、2017年春よりこれについての税関検査が強化されているということです。マークがない場合は輸入禁止となり、再輸出費用や罰金などが発生するということです。
さらに見る
洪水の影響で航行禁止となっていた長江の湘江区域は航行が再開され遅延も解消しています。
さらに見る
4月より抗議デモが続いており、20日(木)には全国でストライキが予定されています。主要道路や高速道路封鎖の可能性があるため輸送状況については不透明となり遅延が起こる可能性があります。弊社ベネズエラ支店では輸送サービスを続行しますが、影響が及ぶ可能性があるため状況をモニターし、お客様の貨物の安全を確保するための予防措置を講じてまいります。
さらに見る
6日(木)にお伝えした税関ストライキは終了し、通関が再開され通常の状態に戻りました。
さらに見る
Abu Dhabi空港(AUH)の温度管理倉庫は8月15日(火)まで改修工事が行われており、2℃から8℃の生鮮食品のみがこの倉庫に保管可能です。医薬品については改修が完了するまでの間は15℃から25℃で保管可能となります。
さらに見る
5月中旬から続いていたストライキは終了しましたが、サイバー攻撃が原因で港が3日(月)まで稼働していなかったため深刻な滞貨が発生しています。輸出については現在も閉鎖されているということですが、今週末には再開される予定です。またスウェーデンの他の港にも影響がおよび混雑が発生しています。さらにトラック輸送のキャパシティー不足も起こっており集荷/配送に遅れが生じるなど、オペレーション全般に通常より時間がかかっています。
さらに見る
5日(水)より税関でストライキが行われています。生鮮食品、医薬品などについては通関がなされますが、その他の航空、海上貨物については遅れが生じます。またストライキがいつまで続くかは現在のところ未定となっています。
さらに見る
湖南省長沙市では暴風雨が続いているため洪水が発生し、湖南省海事局からの通達で6月30日以降、長江の湘江区域は航行禁止となっています。このため海上輸出入作業が遅れ、集荷/配送も洪水のため遅れが生じています。またこの地域へ輸出されるお客様におかれましてはウェットダメージを避けるためビニールや防水素材を使用して貨物を梱包するなど、十分にご留意頂きますようお願いいたします。
さらに見る
交渉がまとまり予定されていたストライキはすべての港で中止となりました。
さらに見る
GST導入のためのメンテナンスにより29日(木)20:00から30日(金)1:30まで、通関システムが一時的に停止されました。輸出入ともに影響がおよび滞貨、遅延が発生しているため、通常の状態に戻るのに5-7日ほどかかる見込みです。
さらに見る
Maersk社へのサイバー攻撃により港でのオペレーションに影響が出ていましたが、同社による復旧作業が進んでおり、大部分の港で貨物オペレーションは通常の状態に戻りつつあるということです。
さらに見る
サイバー攻撃によりNhava Sheva港のシステムがダウンし、復旧作業が行われていますがGTIターミナルでのオペレーションが停止しています。船舶の停泊がキャンセルされ、今後到着する予定の貨物に遅延が起こる見込みです。またターミナルとCFS間の移動も停止となりました。弊社インド支店では影響が最小限となるよう対処し、状況について引き続きご報告いたします。
さらに見る
先日お伝えしましたが7月1日(土)より税制改革のためGoods and Services Tax(GST)が導入されます。6月30日までは税率15%ですが、7月1日からは18%となります。詳細については弊社営業担当までお問い合わせください。
さらに見る
7月7日(金)、8日(土)にHamburgでG20サミットが開催され、期間中は様々な安全対策が取られるため貨物輸送にも影響が及びます。詳しくは「さらに見る」よりご確認ください。
さらに見る
26日(月)、27日(火)のストライキは中止となりましたが、29日(木)、30日(金)、7月3日(月)、4日(火)、6日(木)、7日(金)はストライキが行われる予定です。ストライキが行われる港に関しましては「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
交渉がまとまったためストライキは中止となりました。
さらに見る
Barcelona港、Valencia港、Algeciras港では交渉がまとまったためストライキが中止となり、通常の稼働に戻りました。しかしながらBilbao港、Vigo港、Cadiz港、Malaga港、Castellon港では交渉中のため、ストライキは行われる予定です。
さらに見る
インド税制改革のため7月1日(土)よりGoods and Services Tax(GST)が導入されます。6月30日までは税率15%、7月1日以降は18%となります。
さらに見る
いくつかのターミナルでピケが行われていますが、港湾全体への影響は制限されているということです。
さらに見る
タグボート乗組員組合によるストライキが現地時間の下記の日程で発表されました。この期間中は船舶の接岸、出航作業は行われません。詳細は「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
現在新サービスやキャンペーン等の情報はございません。
随時更新いたしますので、ご了承ください。