Skip to content
Skip to service links: contact, tools, help, the group
Skip to search
Skip to main navigation
Skip to sub navigation
Skip to Footer with links to masthead, print, email a friend and disclaimer
 

重要なお知らせ

業務広報は、高いサービス基準に影響を及ぼす可能性のある世界各国の最新のイベントをお知らせしています。
2018年10月16日よりDHL Expressカスタマーサービス フリーダイヤルの音声ガイダンスが変わります。 詳細はこちらをご覧ください。
さらに見る
日本におけるDHLのエクスプレスサービスに適用される航空機燃料割増金の料率表が、2018年11月1日より変更されます。...
さらに見る
佐川急便 集荷受付締切時間変更のお知らせ さて、2018年6月18日から佐川急便株式会社における集荷受付体制変更に伴い、DHL集荷受付締切時間を変更させて頂くこととなりましたのでお知らせいたします。 ご不明点ございましたら弊社担当営業、またはカスタマーサービス(0120-39-2580)までお問い合わせください。お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
さらに見る
DHL Expressのゴールデンウィーク期間中の業務体制につきまして、ご案内申し上げます。
さらに見る
さて、この度DHL Expressでは、サービス品質の向上と業務の効率化を図るため、福井サービスセンターを下記の通り移転することになりました。福井サービスセンターは、石川県、富山県など北陸エリア全般の集配を行っています。これにより、現住所での福井サービスセンターの業務は2018年2月23日(金)をもって終了し、その後、2018年2月26日(月)より下記の住所にて業務を再開します。
さらに見る
2018年2月5日よりDHL Expressカスタマーサービスフリーダイヤルの一部に音声自動サービスが導入されます。
さらに見る
悪天候のためシチリアを除くイタリア中部、南部において7.5トン以上の車両が交通規制されています。このため規制が解除されるまでは集荷/配送は一時中断となります。またRomaやLazio地域では臨時休業となっている企業が多数あります。
さらに見る
カナダ、Vancouverでは大雪警報が発令されています。それに伴い、集荷、配送に遅延が発生する可能性があります。
さらに見る
依然として滞貨があるため、Aeroflot航空における受託停止が14日(水)まで延長されました。
さらに見る
現在政情不安による混乱が起こっており、特に大西洋沿岸-ブエナベントゥラ港間の通行が遅延しています。この混乱が収まるまでは主要都市-港湾間の貨物陸送に影響が及ぶ可能性があります。
さらに見る
1月24日(水)にお伝えした、パプアニューギニアの海上輸出入通関ですが、現在は通常通り業務を再開しております。
さらに見る
Finnair Cargoの新ターミナルが稼働してひと月経ちましたが、ブリティッシュ・エアウェイズなど新ターミナルを使用している他の航空会社にも影響が及び輸出入が遅延しています。日本航空は影響を受けていないということです。
さらに見る
依然として状況が改善しておらず、Antwerp港、Rotterdam港経由のコンテナやBremerhaven港経由の鉄道に混雑が続いています。またHamburg港で新しい予約システムが導入され、コンテナの移動状況記録や事前予約が必要になりますが、ドイツ市場で継続的に輸送キャパシティーが不足していることが関係し、リードタイムが長くなる可能性があります。
さらに見る
8日から9日夜まで吹雪の予報となっており30cmの積雪が予想されています。道路状況が悪いため集荷/配送が遅延し、フライトも遅延やキャンセルが発生する可能性があります。
さらに見る
6日(火)夜に花蓮沖で強い地震が発生し、依然として余震が続いています。台北と高雄の港と空港は通常通り稼働しています。
さらに見る
PARISとLE HAVRE地域では吹雪のため交通インフラが麻痺しています。現地時間7日(水)は貨物輸送が禁止され、8日(木)までは通行を控えるよう警察から警告がでているため、集荷/配送が遅延となります。
さらに見る
スーパーボウルの優勝パレードのため、Philadelphiaと周辺の郡、Delaware、New Jersey南部で交通渋滞が予想され、8日(木)はPhiladelphia市内の集荷/配送は停止されます。また周辺地域では遅延が発生する可能性があります。
さらに見る
Sheremetyevo空港(SVO 1)では悪天候の影響で地上ハンドリングが滞っており、ランプと上屋に滞貨が発生しています。このためアエロフロート航空は6日(火)から10日(土)まで該当空港からの輸入貨物の受託停止を発表しました。空港名など、詳しくは「さらに見る」からご確認ください。なお緊急品、動物、保冷品、医薬品などは受託停止対象外です。
さらに見る
10日(土)18時から11日(日)8時まで税関システムのメンテナンスが行われるため、通関が一時停止となります。輸入貨物に関しては通関、配送に遅れが生じ、輸出貨物はシステム停止前に通関がされなかった場合は遅延が発生する可能性があります。
さらに見る
三峡航行局によりメンテナンスの日程が通知されました。詳しくは「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
税関により貨物/コンテナの保管料フリータイムが現行の10日から5日に変更となることが決定され、3月1日(木)より適用となります。フリータイムは港湾に到着、搬入された日からカウントされます。
さらに見る
現在東京、横浜地区において、2017年11月から続いているコンテナ需要の増加やドライバー不足により混雑が発生しており、輸出入ともにコンテナ輸送確保には3-4週間前の予約が必要となっています。特に近距離輸送と20‘コンテナが深刻となっており、価格調整が必要となる可能性もございます。弊社では利用する運送業者を増やすなどの対応をしておりますが、お客様におかれましては混雑の影響を最小限にするため、輸送のご依頼について3-4週間前にご連絡いだけますようお願い申し上げます。また輸送日が確定していない場合でも想定される日時で仮予約をし、確定後に変更や調整をしますので事前のご予約をお勧めいたします。...
さらに見る
中央労働者組織SAKや労働組合による24時間ストライキが2日(金)6時から行われると発表され、港湾、空港に影響が及びます。ブレーメンを経由するLCLは1日(木)に積載されますが、港は混雑する恐れがあり、FCLにも影響する可能性があります。また2日に到着する貨物は荷揚げされないため輸入も同様に遅れが見込まれます。輸出航空貨物についても1日に可能な限り積載されますが、2日にヨーロッパのゲートウェイからトラックで到着する貨物については遅延の可能性があります。
さらに見る
インド政府より、同国発輸出貨物の航空運賃、海上運賃についてGoods and Services Tax(GST/物品サービス税)が免除されることが通知されました。この規定は2018年9月30日まで有効となります。
さらに見る
混雑は解消し通常の状態に戻りました。
さらに見る
トラック輸送において新規則が導入されELD (Electronic Logging Device)の使用が義務付けられましたが、これによりトラックが不足し全国的に輸出入のコンテナ輸送においてリードタイムが延びるなど深刻な影響が出ています。弊社アメリカ支店が利用しているトラック業者の大部分はこの規則に適合しており、また貨物が港に到着する前に通関申告をするなど遅延を最小限にする対応をしております。今後も状況を注視しアップデートについてご報告いたします。
さらに見る
25日(木)に12時間のストライキが行われ、続いて26日が祝日のため航空、海上輸出入オペレーションに影響が及ぶ見込みです。
さらに見る
先日お伝えしたストライキは終了し、通常の状態に戻りました。
さらに見る
12月にお伝えしたSão Paulo-Guarulhos 空港(GRU)における輸出入通関の遅延ですが現在も続いています。また輸出のDry cargo(乾貨)は受託が再開されましたが同様に遅延が発生しています。
さらに見る
23日(火)、パプアニューギニア税関からの通知ですべての海上輸出入通関が停止となりました。航空輸出入については通常どおり行われ、Laeでは海上、航空ともに通関が行われます。財務省の賃貸問題が解決されれば停止解除となるということですが、時期は不明となっています。
さらに見る
各地の状況は「さらに見る」からご確認ください。貨物オペレーションは一時中断または遅延する可能性があります。
さらに見る
悪天候により集荷/配送を含む貨物オペレーションが一時中断しておりMemphis、Atlanta、Nashvilleなどで遅延が見込まれます。
さらに見る
昨日お伝えした一時閉鎖ですが、弊社Rochester支店は通常業務に戻りました。
さらに見る
悪天候により集荷/配送が遅延し、Houston空港(IAH)の航空便は輸出、輸入ともに遅延やキャンセルが発生しているため、貨物に遅延が見込まれます。
さらに見る
弊社Rochester支店が入居しているビルが一時的に閉鎖され、最小限のスタッフで対応していますが輸出入において遅延が発生する可能性があります。またいつ通常に戻るかは現在のところ未定となっています。
さらに見る
最新の情報によりますと12月と比較し滞貨は75%減少したということです。弊社ドイツ支店はグランドハンドリング業者と連携し先月到着分の滞貨解消に向けて対応しております。新規貨物については影響はみられておりません。
さらに見る
12日(金)に24時間の港湾ストライキが行われるため、ギリシャ国内の港での輸出入に影響が及びます。
さらに見る
先月お伝えしたBoryspil空港(KBP)での遅延ですが、オペレーションは通常にもどり遅延は解消しています。
さらに見る
Finnair Cargoが新ターミナルへ移転され8日(月)より稼働していますが、移転後の初期段階では輸出入貨物に遅れが生じる可能性があります。
さらに見る
8日(月)から10日(水)まで税関ストライキが行われています。生鮮物、医薬品、外交貨物のみ最小限で対応されますが、その他の航空貨物、海上貨物については通関は一時停止となります。
さらに見る
4日(木)よりトレーラー業者によるストライキが行われており、長沙港ではFCL輸入、輸出ともにコンテナ輸送が一時停止となります。また終了時期は現在のところ未定となっています。
さらに見る
現在も混雑、滞貨が続いており、今月中旬または最悪の場合は旧正月の2月中旬以降まで続く可能性があります。
さらに見る
カンボジア国内で遂行、提供されるサービスは付加価値税(VAT)の対象となり、1日(月)より税率10%が課税となりました。
さらに見る