Skip to content
Skip to service links: contact, tools, help, the group
Skip to search
Skip to main navigation
Skip to sub navigation
Skip to Footer with links to masthead, print, email a friend and disclaimer
 

重要なお知らせ

業務広報は、高いサービス基準に影響を及ぼす可能性のある世界各国の最新のイベントをお知らせしています。
新しい情報はありません。
出荷保険の文書要件
さらに見る
通関サービスに関するお知らせ
さらに見る
赤湾と蛇口のコンテナターミナルのオペレーターであるChina Merchantsより、この二つのターミナルが蛇口港(Shekou port)として統合されることが正式に発表されました。船社は4月1日(土)から蛇口港の名を使用して両ターミナルでのデータのやり取りを行います。この統合はコンテナ積み下ろしには影響はなく、また輸出入申告と品質検疫検査は蛇口税関と蛇口CIQ(国家質量監督検験検疫総局)の監督のもとにとどまります。このため4月1日(土)以降作成のBLのPOLやPODにはChiwan port(赤湾)ではなくShekou...
さらに見る
マレーシア税関の2017年新規定が4月1日(土)より実施されることとなり、重要な変更として同国での輸出入申告時には10桁のHSコードが必要となります。現在使用されている9桁のHSコードは現地時間31日(金)23時59分まで使用可能で、3月中に出荷された貨物でも4月に同国到着の場合は10桁のコードへの変更が必要となります。ただし自由貿易協定(FTA)に関する輸出入申告については、新しい協定が批准されるまでは既存のHSコードが使用されます。弊社マレーシア支店では切り替え時期における混乱を最小限に防ぐため、申告チームがモニターしお客様と緊密に連携し対処してまいります。2017年新規定の詳細については「さらに見る」内のリンクよりご確認ください。...
さらに見る
交渉は未だ続いていますが17日(金)、20日(月)、22日(水)、24日(金)に予定されていたストライキは中止となりました。現在港は通常通り稼働していますが、船社が通常のサービスを再開することとなった場合には混雑が発生することが予想されています。
さらに見る
Finnish Aviation Unionが現地時間17日(金)15時から19時までストライキを行うと発表しました。このためストライキが行われる場合は航空貨物輸出入において遅延が発生する見込みです。
さらに見る
新海運アライアンス発足につきまして詳細をご報告いたしますので「さらに見る」より、添付のご案内をご覧ください。
さらに見る
航空貨物輸送におけるスペースの状況につきまして最新情報をご報告いたしますので「さらに見る」から添付のご案内をご覧ください。
さらに見る
猛吹雪の影響で30cmの積雪となっており、陸上輸送は非常に危険な状態です。複数の高速道路が閉鎖され、トラック配送業者は営業を制限したり、臨時休業となっています。また航空便ではキャンセルや遅延が相次いでおり、一部船社では臨時休業となっています。
さらに見る
14日(火)からの猛吹雪の影響でOhio州Cleveland、New York州Rochester、Albany、Washington D.C.、Virginia州Norfolk、Maryland州Baltimore、Pennsylvania州Harrisburgなどにおいても貨物輸送に遅延が起こる見込みです。またDulles国際空港(IAD)では航空便が相次いでキャンセルされています。
さらに見る
現地時間13日(月)夜から14日(火)いっぱいまで猛吹雪との予報が発表されており、貨物輸送に遅延が起こる見込みです。14日、New York/ New Jersey港は閉鎖となり、Pennsylvania州では緊急事態宣言が出され州東部の高速道路ではトラックの通行が禁止されています。また主要航空会社はターミナル閉鎖や航空便のキャンセルを発表しました。Philadelphia地域では集荷/配送が一時的に停止され、14日、15日はいくつかのトラック輸送業者が臨時休業となります。
さらに見る
ストライキや船舶のキャンセルについての発表が続いたことによりスペース不足が深刻化し、スペイン発の船舶はすでに数週間後まで予約で一杯となっております。 またキャンセルについても来週も続く見込みとなっています。結果として、多くの船社でオーバーブッキングとなり、現在では貨物搭載を確約出来ない状態です。これにより遅延、海上輸送運賃の上昇が避けられない状態となっております。実際、各船会社は運賃上昇に加え、スペイン発着貨物に対し追加サーチャージを発表しております。 DHL グローバル フォワーディングではお客様の貨物への影響を最低限に抑えられるよう、引き続き努めさせていただきます。...
さらに見る
先日ご案内させていただきました通り、ここ数週間、欧州発アジア・中東向け海上輸送の貨物搭載スペースにおける需要増加が顕著にみられています。結果として、多くの船社でオーバーブッキング(受託過剰)となり、現在では貨物搭載を確約出来ない状態です。これにより、多くの滞貨、遅延、そして海上輸送運賃の上昇が避けられない状態となっております。実際、各船会社は運賃上昇、あるいは追加サーチャージを発表しております。DHL グローバル フォワーディングではお客様の貨物への影響を最低限に抑えられるよう、引き続き努めさせていただきます。...
さらに見る
港湾作業員団体は、先日行われた交渉により当初予定されていた3月10日(金)、13日(月)、15日(水)のストライキ中止を発表しました。以後、3月17日(金)、20日(月)、22日(水)、24日(金)は予定通り行われる予定です。これらストライキ中止の発表は、ストライキ予定日の48時間前に行われるため、船会社によっては既に運航をキャンセルした船舶もあり、業界全体に影響が出ています。またスペイン発の輸出者においては、どのように貨物を輸出をすればよいのかの決断が難しく不安を招いています。スペイン内港湾では、牽引・運搬作業量の低下、船舶のキャンセルにより全体的に遅延・滞貨が発生しています。...
さらに見る
現時点で、深刻な滞貨が特にドイツ、ベルギー、イタリア、スイス、フランス、オランダで発生しています。詳しい現時点での市況情報については「さらに見る」からご確認ください。
さらに見る
Karachi港(KICT)では深刻な混雑が起こっており、運営コストの上昇、停泊遅延、多くの輸入貨物の流入のためのコンテナヤード混雑、配送遅延などの混乱を引き起こしています。同港発着貨物をお取り扱いのお客様におかれましては、ご留意くださいますようお願いいたします。
さらに見る
Suvarnabhumi国際空港(BKK)では3月3日(金)~5月2日(火)にかけ、一部滑走路のメンテナンスが行われます。その為、発着便に遅延が見込まれます。
さらに見る
港湾作業員団体は、交渉前の対話環境少しでも改善するためにも、当初予定されていた3月6日(月)と8日(水)のストライキ中止を発表しました。3月10日(金)以降は予定通り行われる予定です。
さらに見る
ドイツ税関の通関システムが4日(土)、メンテナンス作業により一時停止されるため輸出入ともに通関は行われません。これに伴い遅延が発生する見込みですが、弊社ドイツ支店では影響が最小限となるよう努めております。
さらに見る
Gothenburg港のAPMターミナルで港湾労働者による抗議行動が現地時間13日(月)16時から4月30日(日)23時59分まで行われることが発表され、期間中の作業量は通常の70-80%になる見込みです。
さらに見る
アメリカ運輸省が同国発着の国際航空貨物輸送に関する2017年IATA新規則のマークとラベルの使用を許可したことに併せて、エンジンにはUN3528を使用すると触れられているIATA / ICAO2017新規則のすべてが、同国発着の国際航空貨物輸送において適用できるとされました。またUN3528は49 CFR規則には含まれていませんが、変更などの通知がない限り有効となります。UN3166は2017年3月31日までは使用可能で、4月1日からはUN3528の使用が必要となります。
さらに見る
アメリカ運輸省によりレターが発行され、2017年のIATA新規則書に記載されたリチウム電池のマーク、ラベルが貨物に添付されていても受け入れがなされるということです。今回発行のレターが取り消されるか、もしくは修正されるまでは、新しいマーク、ラベルを使用した貨物の荷主や運送会社への特別な措置は取られません。エンジンについてはレターでは触れられていないため、引き続きUN3166として分類される必要があります。
さらに見る
欧州発の海上貨物輸送につきまして最新情報をご報告いたします。「さらに見る」より、添付のご案内をご覧ください。
さらに見る
現在、欧州発アジア向けの航空貨物において深刻な滞貨が発生しており、向け地到着まで1~2週間程度要する場合もございます。また成田空港JAL輸入倉庫からは2月末時点で、過去5年間で一番多い物量を記録したとの報告が入っております。欧州発の輸入航空貨物をお取り扱いのお客様は十分ご留意の上、詳細・ご不明な点は担当営業、カスタマーサービスまでお問合せください。
さらに見る
1月20日にお伝えしました三峡ダムのメンテナンスによる航行制限についてですが、はしけの安全確保と混雑緩和を考慮し、水門通過のための出発許可の発行を延期することが長江海事局より発表され、2月21日より実施されています。現時点では1000隻以上の船舶が保留中で平均待機期間が2週間となっており、重慶-上海間の航行に遅延が起こっています。またこの影響は重慶、瀘州、宜賓港を含む長江上流の港にも及んでいるため、はしけ使用のサービスでは遅延が発生する可能性があります。
さらに見る
一旦取りやめとなったストライキですが、まだ交渉が続いており3月に9日間行われることが発表されました。詳しくは「さらに見る」にてご確認ください。
さらに見る
大雨の影響によりJakarta市内で洪水に見舞われている地域があり、主要道路において交通渋滞が発生しています。このため集荷/配送の遅延が見込まれており、出発便の遅延も報告されています。
さらに見る
Abuja空港(ABV)が3月8日(水)から4月19日(水)まで滑走路修理のため一時閉鎖となります。この期間中は通関が行われないため、弊社ナイジェリア支店では同空港向け貨物について代替としてLagos空港(LOS)の使用をご案内しています。
さらに見る
先日お伝えしたストライキですが、新法承認の延期にともない予定されているストライキが一旦取りやめとなりました。交渉がまとまればストライキが回避される可能性があります。弊社スペイン支店では引き続き状況をモニターし、再度影響が生じる場合にはご報告いたします。
さらに見る
2017年のIATA新規則で定められたClass9リチウム電池マークとエンジンのUN No.についてアメリカでの認可が遅れているため、同国発着の該当航空貨物については新規則の適用ができませんのでご注意ください。リチウム電池については認可が下りるまでは引き続き、従来のclass9のラベルを使用(経過措置として2018年12月31日まで)、エンジンについても認可が下りるまでは引き続きUN3166の使用が必要となります。(経過措置として2017年3月末まで)これら措置については変更されることも考えられますので、ご出荷の際は担当者に都度ご確認いただけますようお願い申し上げます。...
さらに見る
港湾でのストライキが現地時間20日(月)、22日(水)、24日(金)に予定されています。また実際に行われる時間帯は変則的ということです。ストライキに入る前から港湾での作業量が低下することが予想されていますが、弊社スペイン支店では輸出入ともに代替として、Madridドライポート同様にBarcelona港、 Valencia港でのコンテナデポ、スペイン全土からポルトガルの港(Leixoes, Lisbon, Sines)への陸送とそれらの港でのVanningをご案内しています。
さらに見る
1月にお伝えした抗議活動ですが現在通常の状態に回復しており、港湾、道路、高速道路は正常に機能しています。弊社メキシコ支店では引き続き状況をモニターし、再度影響が生じる場合にはご報告いたします。
さらに見る
現地時間9日(木)、東海岸のNew York, Newark, Boston, Philadelphiaでは大雪となったため、当地域の輸送やハンドリングに遅延が見込まれています。
さらに見る
このたびインド政府により同国へのすべての海上輸入貨物に対して4.5%のサービス税が課されることが決定されました。詳細については「さらに見る」の添付のご案内をご覧ください。
さらに見る
1月2日(月)のCITES(野生動植物の国際貿易に関する絶滅危惧種条約)の保護対象種の改訂により条約附属書IIにヒツジ(種名:Ovis aries)が追加されました。日本税関は、絶滅のおそれのない種であることを通関時に確認するために、輸入者とその代理人(通関ブローカー)にヒツジの種と亜種の名称を提示するよう求める暫定措置を制定しました。この指示は羊だけでなく、羊毛糸、羊毛、羊皮、羊毛皮を含む衣類や羊からの原材料料や派生物から製作されたすべての製品にあてはまります。詳細は「さらに見る」よりご確認ください。
さらに見る
輸入通関システムアップデートのため、現地時間2月1日(水)17時より通関業務が一時的に停止となります。稼働再開予定は現在のところ2月3日(金)から4日(土)とされています。このため期間中は滞貨が発生し、再開後も通常の状態に戻るまで3-4日かかると見込まれています。インドへ輸出予定のあるお客様におかれましてはご留意くださいますようお願いいたします。
さらに見る
チェンナイで発生していた抗議デモは終了し航空、海上貨物ともにオペレーション/輸送が再開されました。若干の滞貨があると考えられますが、貨物オペレーションチームはスムーズな出荷のために必要な措置を講じて処理しています。
さらに見る
中国の旧正月を祝う春節の期間中、多くの航空便のキャンセルや貨物の混雑が見込まれます。中国発着の貨物をお取扱いのお客様は、ご留意くださいますようお願い申し上げます。<春節期間> 中国:1月27日~2月2日、香港:1月28日~1月31日
さらに見る
Montrealでは悪天候により幹線道路、高速道路、公共交通機関などが閉鎖されています。そのため航空便の発着と配送に遅延が見込まれます。
さらに見る
チェンナイでは、伝統行事である牛追い祭り「Jalli Kattu」の開催が最高裁により禁止されたことに対し抗議デモが発生、当局は開催禁止を解除しましたが再び暴動が広がり混乱が続いています。チェンナイ市内のほとんどの道路が封鎖され、車両の通行が出来なくなっています。そのため、輸出・輸入貨物の荷動き、集荷・配送、輸出便(船、飛行機ともに)に影響が出ており遅延が発生しています。さらに、1月26日(木)の祝日によりこれらの影響が今週いっぱい続くと見込まれ、来週前半にも完全には回復しない可能性があります。
さらに見る
長江にある三峡ダム当局より、定期メンテナンスのためダムの北閘門が2月2日(木)から約40日間船舶の航行が停止されることが発表されました。南閘門のメンテナンスは2月21日(火)より開始となります。 メンテナンス中、北閘門は24時間航行停止となり、南閘門は片側のみの航行で24時間ごとに方向が変わります。このため航行能力は少なくとも50%減少すると予測されています。重慶-上海間の航行には通常より時間がかかり、またメンテナンス終了後も2-3週間は混雑が予想されており、通常に戻るのは3月末頃と見込まれています。
さらに見る
Frankfurt地域では現地時間13日(金)に大雪と強風となる予報がでており、航空便の発着に遅延が見込まれています。
さらに見る
Gothenburg港のAPMターミナルにおいて6日(金)から港湾労働組合によるストライキが行われており、2月末まで続く予定です。これによりターミナルでの作業に遅延が見込まれています。
さらに見る
Oregon州Portland地域では現地時間11日(水)大雪に見舞われており、高速道路が閉鎖、公共交通機関が運航停止となりました。11日中には再開される見込みということですが、集荷/配送は12日以降に延期される見込みです。
さらに見る
大寒波による大雪と厳しい冷え込みの影響でギリシャ北部では陸上輸送に遅延が見込まれています。
さらに見る
大寒波による大雪の影響がConstanta港に及んでおり、海軍による除雪作業が進められています。天候が安定し順調に作業が進めば、21日(木)にターミナルの操業が再開される見込みです。
さらに見る
現地時間3日(火)23時50分、Pasir Gudang港の埠頭で2隻のコンテナ船が衝突し燃油300トンが流出しました。このため同港にある2つの埠頭が閉鎖され、1つは1月末まで閉鎖が続く見込みです。これにより輸出入においても遅延が発生します。
さらに見る
メキシコ全土でガソリンの値上がりによる市民の抗議活動が拡大しています。メキシコシティなどの都市部、さらには空港/港への幹線道路の封鎖が断続的に起こっており、集荷、配送共に遅延が発生しています。また、Manzanillo港も閉鎖され、発着便が遅延しています。
さらに見る