Skip to content
Skip to service links: contact, tools, help, the group
Skip to search
Skip to main navigation
Skip to sub navigation
Skip to Footer with links to masthead, print, email a friend and disclaimer
 

包装アドバイス

多くのお荷物がDHLの精巧なグローバルネットワークを通過して、最終的なお届け先へ配送されます。DHLは常にお荷物のお届け時間の正確性とコンディションの安定性を高く保つよう、努力しております。
お客様のお荷物を安全かつ正確にお届けするには正しい方法で丁寧に梱包することが必要です。

ご発送予定のお荷物に最適な梱包をご確認ください。

大切なお荷物をダメージから守る上では内容に応じた適切な梱包が必要です。ご発送予定のお荷物に最適な梱包方法を適宜お選びください。

梱包方法をご検討いただく上で重要なポイントは以下の通りです。
express_packaging_packing_considerations_480x155

適切な梱包を施すことによりお客様のお荷物をより確実にダメージから保護できます。

輸送段階でのダメージからお荷物を保護するには適切な梱包を施すことが必須となります。DHLではテストを繰り返し、強度確認を行った大小様々な梱包資材を提供しております。もしもお客様ご自身の梱包材をご使用の場合には以下の内容をご確認ください。
梱包材
  • 必ず波板上になっている段ボールをご使用ください。壊れやすいものや重量物につきましては2層または3層で製造された段ボールでの梱包を推奨いたします。
  • 梱包材の再利用は強度が落ちている可能性がございますのでお控えください。
強度
  • 梱包材の製法と強度にご注意ください。必要に応じて製造元へご確認ください。
  • 梱包材の明細書(仕様書)をご参照の上、発送物の重量に最適なものをお選びください。
大きさ
  • 段ボールの中に隙間が多く残っている場合、または容量を超えて詰め込まれている場合はいずれもダメージの原因となります。このような事態を防ぐため、発送物の大きさに適した段ボールをお選びください。

最適な梱包方法

お客様の大切なお荷物を梱包する上で重要なポイントがございます。
express_packaging_pack1_193x138

隙間を残さない

段ボール内に隙間なく梱包することにより、お荷物の中身(内容品)と段ボール(内壁)との衝突によるダメージを回避できます。

6㎝の間隔が重要です

発送物は段ボールの中央に配置し、段ボールの面および角から6cm以上の間隔を保つように梱包してください。
express_packaging_pack2_155x128

express_packaging_pack3_193x138

個別包装と仕切りについて

複数のアイテムをまとめて梱包する場合、それぞれのアイテムを個別に包装したうえで、仕切りを設けてください。

適切に密閉する

密閉時に使用する粘着テープの種類、およびその他の密閉方法を適切に選択することがダメージを回避する上で重要です。

圧着テープをご使用ください

  • ポリプロピレンテープ(梱包用PPテープ)
  • ビニールテープ
  • 布テープ

ご使用はお控えください

  • 紙粘着テープ
  • セロハンテープ
  • ストリングテープ

H字貼りについて

必ず以下の手順をご参考の上、H字貼りにて密閉してください。
  • 手順1: 底面中央の外蓋を閉じるようにまっすぐ貼ってください。
  • 手順2: 底面外蓋の両辺に沿って貼ってください。
express_packaging_seal1_193x138

アイテム名を示すラベルを添付してください

スピーディな輸送を実現する為には、お荷物のアイテム名を梱包の外面に添付しておくことが重要です。
express_packaging_label_193x276

ラベルの添付位置について

お荷物の上下が分かりやすくなるように、常に梱包の上面にアイテム名のラベルを張り付けてください。
 

梱包に関するガイド一覧